Event is FINISHED

Monthly SAKE CAMP Vol.8 -ネオ新潟-

Description
\Monthly SAKE CAMP Vol.8 開催/

Monthly SAKE CAMPとは、毎回違う地方に焦点を当て、その土地のお酒を楽しむことはもちろんのこと、そのお酒が作られたストーリーや作り手の思い、お酒の楽しみ方なども含めた「日本酒という文化」をまるごと愛してもらう空間です

▼Vol.8のテーマは「ネオ新潟」
新潟県は、日本有数のお米どころでもあり、水も綺麗で、お酒造りも盛んな県です。新潟のお酒は淡麗辛口のイメージが強いですが、実は淡麗辛口だけではない、様々な味わいのお酒があります。

今回は、ステレオタイプなイメージ通りではない、新しい新潟「ネオ新潟」を楽しむ会にしたいと思います

当日はゲストに「わたご酒店」の寺田和広さんを迎え、寺田さんにセレクトしてもらったお酒を当日テレビ会議で解説してもらいながら味わう予定です

注意:
当日は「東京街人」の取材が入る予定になっております
顔出しNGの方がいらっしゃいましたら、スタッフにお声がけください

▼当日のラインナップ(予定)
越後鶴亀 山廃純米吟醸
笹祝 純米生モト にごり
願人 山廃純米
山城屋 純米大吟醸
加茂錦
など!
(仕入れ状況などにより変更になる可能性がございます)

▼お食事について
今回もお食事は皆様の持ち寄りとさせていただきます
¥500〜1000程度のおつまみをお持ちくださいませ

▼イベント日時について
イベントは 7/27 (金) 19:30開始 です

▼参加費
2,500円
お酒はこちらでたっぷり用意します
料理は持ち寄りです

▼「好き酒師」とは?
お酒が持つ多様な魅力を、人と分かち合い楽しむ...
酒が人を繋げてくれる「酒縁」を伝え広げる...

それが、「好き酒師(すきざけし)」

日本酒をこよなく愛し、その魅力とはいったい何か?を分かち合うべく活動するユニットです。

【ゲストプロフィール】
寺田和広(Terada Kazuhiro)
酒問屋の街 新川(茅場町)の酒屋「今田商店」で修行し、現在は実家である新潟亀田の「わたご酒店」にて、日本酒の楽しみ方を日々提唱している。
「県外×新潟清酒」「新潟×県外酒」をテーマに日本酒の発信を行う新潟の20代の酒屋ユニット「新潟マッドマックス」主宰。

【仁志田裕プロフィール】
1988年生まれ、渋谷区出身。
酒に弱く、日本酒に対してもマイナスなイメージを抱いていたが、
ある時日本酒と料理とのマリアージュを体感した際に、開眼。
現在は「自分のように日本酒の魅力を気付けなかった人に楽しんでほしい」という想いを抱き、
日本酒を広めるイベントを精力的に開催している。

【庄林優貴プロフィール】
1988年生まれ、横浜出身。元ダーツプロ。
学生時代、お酒が全く飲めず唯一呑めたのが梅酒。しかし日本酒イベントで美味しい日本酒にめぐり逢い、そこからは日本酒の虜に。
日本酒と料理とのマリアージュを得意とし、多数の日本酒イベントにスタッフとして従事する。
日本酒の無限の可能性を追究し、日々奮闘中。
Fri Jul 27, 2018
7:30 PM - 10:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
中央区 八重洲2-8-7 福岡ビル4F Japan
Organizer
DIAGONAL RUN TOKYO(ダイアゴナル ラン トウキョウ)
623 Followers